前のページへ戻る このページを印刷する マイページへ保存

アキリデン

  パーキンソン症候群の治療薬

主成分名:

ビペリデン塩酸塩

製薬会社:

共和薬品

薬価:

5.40円 (1mg1錠)

 

 主な作用

副交感神経を抑制して、パーキンソン症候群によって起こっている手のふるえ、筋肉がこわばって動かなくなるなどの症状をやわらげ、発汗、よだれ、不安、いらだちなどの症状を抑えます。

 副作用

副交感神経を抑制することにより、口やのどの渇き、排尿障害、視力の調節障害、ねむ気などが起こることがあります。また発疹などの過敏症状や吐き気、便秘、食欲不振などが生じることがあります。まれに抗精神病薬、抗うつ剤などの併用で、発熱意識障害などの強い副作用が現れることがあります。

 服用上の注意

少量から始め、徐々に増量して維持量として続けますが、服用量は人によって異なりますので、医師の指示をきちんと守りましょう。眠くなったり、眼の調節障害が起こることがあるので、危険な作業や車の運転は避けましょう。
共和薬品 アキリデン 本体写真
アキリデン 本体写真
共和薬品 アキリデン 包装写真
アキリデン 包装写真