前のページへ戻る このページを印刷する マイページへ保存

ハイペン

  非ステロイド性の消炎・鎮痛薬

主成分名:

エトドラク

製薬会社:

日本新薬

薬価:

27.60円 (200mg1錠)

 

 主な作用

炎症を抑えて、炎症に伴う腫れをとり、痛みをやわらげ、発熱を抑える作用があります。この作用により、リウマチをはじめとする、非感染性(細菌などによらない)の炎症に効きますが、炎症の原因そのものを治すことはできません。

 副作用

原因を治すものでなく、症状を軽減するものなので、効きめには限界があります。使いすぎないよう注意しましょう。胃腸に対し刺激作用があり、ひどい場合には炎症、潰瘍を起こすおそれがありますので、消化性潰瘍の人には禁じます。ときに腎臓、肝臓、血液系の障害を合併することがあり、胃腸系、腎・肝臓、血液系に障害のある人はとくに注意が必要です。めまい、しびれ、頭痛、ねむ気、むくみ、発熱、ほてり、目のかすみを訴える人もいます。ときに間質性肺炎、激しい皮膚粘膜眼症候群などの重篤な過敏症が現れることがありますので、注意してください。

 服用上の注意

1日量を、朝食後と夕食後の2回に分けて服用します。ほかの薬との併用では副作用が起こりかねないので、ほかに薬を用いている場合には、そのことを医師に伝えましょう。
日本新薬 ハイペン 本体写真
ハイペン 本体写真
日本新薬 ハイペン 包装写真
ハイペン 包装写真