前のページへ戻る このページを印刷する マイページへ保存

バファリン配合

  消炎・鎮痛・解熱薬、抗血小板薬

主成分名:

アスピリン・ダイアルミネート

製薬会社:

ライオン

薬価:

5.70円 (330mg1錠)

 

 主な作用

アスピリンが胃で溶けずに小腸から吸収されるように、耐酸性のコーティングを施して、胃腸を荒らす副作用を減らすように工夫された薬です。作用はアスピリンと同じで、炎症によって起こっている腫れをとり、痛みをやわらげ、熱を下げる作用があります。一般に頭痛、歯痛、月経痛、かぜなどの解熱・鎮痛に用いられますが、用量を多くすることにより関節リウマチ、腰痛、関節痛などのさまざまな痛みの治療に用いられます。抗血小板剤としての作用はアスピリンを参照してください。

 副作用

胃腸障害はアスピリンよりはずっと少なくなっていますが、やはり食欲不振、吐き気、耳鳴りなどが起こることがあります。胃・十二指腸潰瘍のある人には症状を悪化させることがあります。小児では、ライ症候群(脳圧が上がり肝機能が低下して生命が危険になる)を起こすこともあるとされています。頭蓋内出血や消化管出血に注意を要します。

 服用上の注意

目的によって服用量がかなり異なりますので、指示された服用量を守りましょう。なるべく、胃を荒らさないよう、食後に服用するか、何か少し食べてから服用するとよいでしょう。
ライオン バファリン配合 本体写真
バファリン配合 本体写真
ライオン バファリン配合 包装写真
バファリン配合 包装写真