低用量ピルをきちんと知る

避妊だけじゃない、低用量ピルの嬉しいオマケ効果
日本で低用量ピルが認可されたのは1999年のこと。低用量ピルの本来の働きは「避妊」ですが、そのほかにも月経困難症や月経前症候群の辛さを軽減し、子宮内膜症の治療にも効果があるといわれています。また長い期間飲み続けることによって、卵巣がんや子宮体がんの発症リスクを減少させるという研究報告もあるのです。ご存じでしたか? まずはピルのことをもっとよく知ってください。
低用量ピルの基礎知識
まずはピルの基本から。
ピルを飲むとなぜ避妊できるのでしょうか?そんな素朴な疑問はここから。
あなたに嬉しい低用量ピルのオマケ効果
オマケの効果「副効用」について。
現代女性に増えている「卵巣がん」の発症リスクはなぜ減るのでしょうか。
使う?使わない?マイナス面もきちんと理解
長期的なリスクについて。
乳がんや子宮頸がんの発症は増えるのでしょうか。
低用量ピルを試してみたいあなたのためのQ&A
試してみようかな、と思い始めたあなたのために。
処方前の不安、処方後のあれこれにお答えします。
この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択して下さい。
※低用量経口避妊薬(OC)の処方は、各医療機関にお問い合わせください。
お薬コラム
薬の形と特徴
  内服薬、外用薬それぞれの形と注意点をまとめました。  
薬の飲み方・使い方
  飲むタイミング、保管方法などよくある疑問にQ&A方式でお答えします。  
利用上の注意
  「お薬事典」は株式会社じほうから提供を受け、当社が掲載している情報です。内容については、正確かつ最新の情報を保つよう努力しておりますが、正確性や妥当性について万全の保証をするものではありません。薬の服用にあたっては、必ず処方する医師の指示にしたがってください。  
ジェネリック医薬品って?
現代女性の心強い味方。もっと知りたい、低用量ピルのこと。最近、女性誌で低用量経口避妊薬(OC)、いわゆる低用量ピルの特集をよく見かけるようになりました。そのほとんどが避妊だけではなく、自分のからだのことをきちんとコントロールしたい大人の女性のニーズに応えたもの。実際、低用量ピルには忙しい現代女性にとって嬉しい効果がたくさんあるのです。