子宮筋腫

step01 受診したい科目から探す
子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできる腫瘍のことをいいます。良性の腫瘍なので、命にかかわることはありませんが、放置しておくと腫瘍が大きくなり、生理の異常が起こり、貧血症状があらわれたりします。子宮筋腫ができる原因はまだはっきりしていませんが、卵巣のホルモンが影響していると考えられています。

診察に適した診療科目は以下の通りです。
診察を受けたい診療科目を選択してください。

 産婦人科

 婦人科

産婦人科・婦人科では、子宮筋腫を総体的に治療します。画像診断や腹腔鏡による診断を行います。薬物療法と手術療法を中心に治療を行いますが、薬物治療だけでの完治は難しいとされています。
子宮動脈塞栓術など、子宮を残す治療も行われるようになっています。
監修) 医療法人社団中央みなと会 三井タワークリニック 斎藤 達也 先生
病気について調べたい方はこちら
病気事典

子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできる腫瘍のことをいいます。良性の腫瘍なので、命にかかわることはありませんが、放置しておくと腫瘍が大きくなり、生理の異常が起こり、貧血症状があらわれたりします。