かぶれ(接触皮膚炎[せつしよくひふえん])

身の回りにある全ての物は、かぶれの原因となる可能性があります。かぶれたら、その原因を見つけ、まず対策を練ることが大切です。

毒性反応とアレルギー反応がある

よく「洗剤かぶれ」といいますが、毒性反応によるものか、アレルギー反応なのかによって、その治療、対策は異なってきます。また、光が当たることにより変化が起こる特別なかぶれ(光接触皮膚炎)もあります。

【刺激性または毒性接触皮膚炎】

触れた物の刺激により起こるかぶれです。その物の毒性の程度や、接触時間などにより症状は違ってきます。例えば、洗剤の原液などの化学薬品が手につけば、だれでもその毒性により、皮膚は破壊されます(急性刺激性接触皮膚炎)。このタイプのかぶれでは、多くは一度の接触で起こります。触った直後から、遅くとも次の日には皮膚の変化がみられます。

一方、1回や2回の接触では特に変化が起こらないものの、弱い刺激をくり返し受けたり、それを触ることによりかぶれが起こることがあります(累積刺激性接触皮膚炎[るいせきしげきせいせつしよくひふえん])。その代表が水仕事で起こる主婦湿疹[しゆふしつしん]です。2〜3日では起こりません。

【アレルギー性接触皮膚炎】

原因となる物質に過敏な人だけに起こるアレルギー反応(遅延型)によるかぶれで、漆かぶれがその代表といえます。2〜3日後に皮膚の異常が起こってきます。

【光接触皮膚炎[ひかりせつしよくひふえん]】

皮膚に光が当たると、肌についているものが光と反応し、かぶれの原因となることがあります。香水や石けん、化粧品などが、その原因(光増感物質)となりえます。“光毒性”と“光アレルギー性”の接触皮膚炎とに分けられます。この原理を応用した光化学療法(PUVA療法)では、ソラレンの光毒性反応が治療効果を上げています。

治療と再発の予防


症状は、副腎皮質ホルモン外用薬で治ります。むしろ、かぶれで問題となるのは、治療ではなく、再発予防です。

原因を見つけ触らないこと

かぶれの予防には、そのかぶれはどんなタイプか、その原因は何かをきちんと診断することがもっとも重要です。それがはっきりすれば、その物質に触らないことです。しかし、現実には、なかなか真犯人が見つからないこともあります。そこで、原因と思われる物質をくり返し使わないことです。それだけでなく、症状によっては、手袋などで皮膚を保護する対策をしなくてはなりません。やむを得ず使うときや、あやしいと考えたときは、例えば、化粧品なら、すぐに顔に使わずに、その一部を少しだけ腕などにぬって、その反応を2日間は観察してください。