胃けいれん

よく耳にする病名のひとつに胃けいれんがあります。一般に、みぞおちのあたりを中心に刺しこんでくる激しい痛みをいいますが、厳密にはこれは症状名であり病名ではありません。発作的に起こる上腹部のけいれん性の痛みを総称してこのように呼んでいます。痛みは数分から長いものは1〜2時間つづくこともあります。

さまざまな原因がある

原因にはいろいろあります。胃潰瘍[いかいよう]、急性胃炎、胃軸捻転[いじくねんてん]、胃粘膜脱[いねんまくだつ](胃の幽門粘膜[ゆうもんねんまく]が十二指腸側へ脱出する病気)など実際に胃の病気によって起こってくるもののほか、十二指腸潰瘍、胆石症[たんせきしよう]、胆管炎[たんかんえん]、急性膵炎[すいえん]などによることもあります。また、ストレス社会における過度の緊張や神経症が原因となることもあります。

受診する際に、痛み方がシクシク痛むのか、キリキリ痛むのか、食事の後に痛むのか、空腹時に痛むのか、どのくらいの時間つづくのかなど、痛みの性質を担当医に詳しく説明すると診断の助けになります。一時的に痛みをとったり胃腸の緊張をほぐす鎮痛薬・鎮痙薬[ちんけいやく]などでその場をしのぐのでは病状が悪化していく可能性が高くなります。原因となる疾患を調べて、その治療を行うことが大切です。