あなたの質問に答えます 医療・健康なんでもQ&A

季節の変わり目に体調不良になる

「季節の変わり目に体調不良になる」イメージ 47歳・女性、専業主婦です。十数年前から季節の変わり目になると体が思うように動かなくなって、肩こり、嘔吐などの症状が出ます。検査を受けても異常はありません。最初の原因は会社(人間関係)のストレスでしたが、今は働いていないので、ストレスを感じていません。原因はどんなことが考えられますか。

自律神経失調症が疑われる。まずは生活習慣の改善を

季節の変わり目には気温の変化などによって体調を崩す人が多く見られます。肩こりや体が思うように動かなくなるというのは、とてもつらいことだと思います。
ただ、検査で異常がないことから、現在の症状が、内臓や脳の病気によるものではないという点で、ひとまず安心してよいと思います。
自律神経失調症はさまざまな原因が絡み合って起こる
原因不明の肩こり、嘔吐といった症状はどうして起こるのでしょうか。1つには、体を働かせる自律神経のバランスが乱れているということが挙げられます。いわゆる、自律神経失調症です。
自律神経失調症の症状は、体の一部が痛くなったり、精神的に落ち込んだり、だるかったりと、人によってさまざまです。また、症状がいくつか重なって現れたり、出たり消えたりする場合もあります。
この病気はストレスや生活習慣の乱れ、環境の変化、その人の体質や性格、女性ホルモンの影響といった原因が複雑に絡み合って起きるといわれています。 相談者は季節の変わり目にこうした症状が増えるようですから、環境の変化に敏感な方なのかもしれません。
ストレスは通常、人間関係や職業上のもの、心理的・社会的な要因を指すことが多く、過労はその代表選手です。
また、季節・天候や環境の変化、騒音や悪臭、病気など、自分では避けようのない要因も、ストレスとなります。
つまり、生きている以上、ストレス・ゼロという状況はあり得ません。働いていないから何もストレスがないなどということはないのです。
生活の習慣を整えることが体や心の安定につながる
ただ、自分でこれといったストレスの原因が見つからないと、対策の立てようがなく、余計につらいかもしれません。
このような場合、毎日の生活を見直してみるとよいでしょう。自律神経失調症は、不規則な生活や習慣などによっても起こります。以下の項目をチェックしてみてください。
  1. 定期的に体を動かしているか
  2. 食事を規則的に取っているか
  3. 1人で味気ない食事をしていることが多くないか
  4. 睡眠時間は十分か
  5. 趣味を持って、毎日生き生きと過ごしているか
該当する項目があったらご自分の生活習慣を見直して、できるところから改善しましょう。 そして、体の不調があるときは、ストレスや疲労がたまったサインと考えて、普段の活動を少し控え、ゆっくりしてみましょう。
何より大切なのは、焦らず、あきらめずによくなることを信じて希望を持つ、というプラス思考でいることだと思います。今日からぜひ、実行してみてください。それでも心配なときは、お近くの心療内科を受診してください。
横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長  山本 晴義(やまもと・はるよし)
(出典 : 保健同人社 「暮しと健康 2007年6月号」)
この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
神経科心療内科
この記事の関連コンテンツ
病気事典自律神経失調心身症
「医療・健康なんでもQ&A」トップへもどる
 

 

 

メルマガ登録
47歳・女性、専業主婦です。十数年前から季節の変わり目になると体が思うように動かなくなって、肩こり、嘔吐などの症状が出ます。検査を受けても異常はありません。最初の原因は会社(人間関係)のストレスでしたが、今は働いていないので、ストレスを感じていません。原因はどんなことが考えられますか。